2011年06月17日

高砂PR用DVDドラマの出演者募集!

高砂フィルムコミッションでは、高砂PR用DVDドラマの制作にあたり
このドラマに出演してくださる出演者を募集しています。内容は高砂の街並みや祭りを舞台に、高校生たちが繰り広げるコメディータッチのラブストーリー。監督は神戸市在住の竹中哲也さん。8月〜11月上旬の土、日曜や祝日を中心に5、6回程度撮影する予定。

自薦・他薦問いません。
興味のある方、出演してみたい方は下記募集概要にしたがって
応募してみてください。

皆様のご応募お待ちしてます★

★出演者募集要項★

1)募集概要

@男子高校生役3人(16〜25歳ぐらい)

A女子高校生役2人(同上)

B教師役1人(25〜45歳ぐらい)

C観光案内所のお姉さん役1人(25〜35歳ぐらい)

の計7人

2)選考方法
書類選考とオーディション
*出演料や交通費の支給はありません。


3)応募方法
所定の応募用紙に必要事項を記入の上、市産業振興課(079・443・9030)へ。


4)応募締切り
7月4日



ーーーーー2011年06月15日 朝日新聞掲載記事ーーーーーーー

レトロ高砂でロケどうぞ


映画やテレビのロケーションを高砂に誘致しようと、高砂市や高砂商工会議所青年部などが高砂フィルムコミッション(FC)の準備委員会を発足させた。ロケ候補地を紹介したPR用の冊子を作製したのに続き、PR用のDVDドラマの制作を企画し、その出演者を募集している。


 冊子の題は「たかさごノスタルジー」。江戸時代から明治にかけて栄えた港町の蔵や、昭和初期の洋館などが残り、2006年に県の景観形成地区に指定された高砂町一帯を取り上げている。


 「和風レトロ」「洋風レトロ」などのテーマ別に、明治初期の「三連蔵」、昭和初期の企業の迎賓館「出汐館」、謡曲「高砂」発祥地の高砂神社など約40カ所をロケ候補地として紹介。祭りなどの風物、特産品なども写真入りで説明し、イラスト付きのマップを添えている。千部発行し、映画やテレビ番組の制作会社などに配った。


 DVDは、冊子に登場する街並みや祭りを舞台に、高校生たちが繰り広げるコメディータッチのラブストーリー。監督は神戸市在住の竹中哲也さん。8月〜11月上旬の土、日曜や祝日を中心に5、6回程度撮影する予定だ。


 募集するのは、男子高校生役3人(16〜25歳ぐらい)、女子高校生役2人(同)、教師役1人(25〜45歳ぐらい)、観光案内所のお姉さん役1人(25〜35歳ぐらい)の計7人。書類選考とオーディションで決める。出演料や交通費の支給はない。


 応募は所定の用紙に記入し、7月4日までに市産業振興課(079・443・9030)へ。k_img_render.jpg
posted by 高砂市観光協会 at 14:03| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

たかさご万灯祭

sholigi.jpg



多くの歴史的史跡や無形文化を擁する高砂市の歴史と伝統を継承し、地域の活性化と文化の向上、また地域発展の基盤づくりを目的として、毎年9月最終土日に開催しているイベント。

主なイベントとして

☆路地キャンドル…高砂町の碁盤の目のような路地を5,000本以上のキャンドルの灯りが飾ります。

☆建物ライトアップ…商工会議所・魚町倶楽部・十輪寺等、歴史的建物や珍しい建物をライトアップで浮かびあがらせます。
          
☆ジャズ・ギャラリー…町内約10箇所でジャズの生演奏を奏でます。

 その他市内商店や各種団体による模擬店、子供の作った短歌や絵手紙の行灯、オープンカフェ等

  ※写真等詳細については「たかさご万灯祭」公式HP
  http://mantousai.iza-yoi.net/  
  をご参照ください。
posted by 高砂市観光協会 at 11:10| 高砂万灯祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高砂市へのアクセス

map.gif
posted by 高砂市観光協会 at 11:05| 高砂市へのアクセス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高砂市既存産業の集積状況

shokai-photo.jpg




明治34年に三菱製紙(株)が立地して以降、戦前・戦後にかけて、加古川の豊富な工業用水、遠浅の海岸線、そして大阪、神戸などの大都市圏に近いという企業立地の好条件に恵まれ、海岸線を中心にキッコーマン、東洋化成、旭硝子、タクマ等が進出するところとなりました。

高砂市では、昭和30年に工場誘致条例を施行し、海岸線の埋立てによる工場用地の造成、道路及び港湾の整備などにより、(株)カネカ、(株)神戸製鋼所、三菱重工業(株)、電源開発(株)、サントリープロダクツ(株)などわが国を代表するものづくり産業の新増設がなされました。

また、昭和39年には播磨工業整備特別地域の指定を受け、一躍重化学工業都市へと変貌し、播磨臨海工業地帯の中核都市として発展してきました。

工業統計調査によれば、高砂市域の平成20年製造品出荷額等は9,597億円で、県内全体の5.8%を占めています。
ラベル:高砂市 産業
posted by 高砂市観光協会 at 11:02| 高砂市紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高砂市のご紹介

hyogo.gif

高砂市は、兵庫県中南部の播磨沿岸地域の中にあって、姫路市と加古川市の中間に位置しています。市域は東西8.00km、南北9.57kmで、面積は34.40km2、人口は96,915人(平成22年2月1日現在)である。


気候は典型的な瀬戸内海型を呈し、気温は温暖で年平均15℃前後で、年間降水量は約1,200mmである。市民生活のみならず企業活動においても非常に快適な気候である。


兵庫県内最大の河川である加古川の河口に隣接し、播磨灘に面する当市は、加古川の豊かな水利が優れた景観、肥沃な土地となって市民生活の大きな源となっているとともに、古来より商港として播磨地域の中心的役割を担ってきました。


高砂市の土地利用状況を都市計画用途地域別に大まかにみると、臨海部の播磨工業整備特別地域の中核をなしてきた工業地域及び工業専用地域、山陽電鉄各駅周辺の商業及び近隣商業地域とそれ以北の住居及び住居専用地域、そして、国道2号以北の市街化調整区域に分けることができます。


高砂市全域が都市計画区域に指定されており、そのうち市街化区域は21.53km2(62.6%)、市街化調整区域は12.87km2である。市街化区域の用途別地域の面積割合は、工業専用地域が27.2%と最も多く、次いで第一種中高層住居専用地域26.3%、第一種住居地域10.4%の順となっています。また、各種住居専用地域及び居住地域は市街化区域の57.4%、準工業、工業及び工業専用の工業系地域は38.9%であり、工業地域の割合は他市に比べ高い値となっている。


posted by 高砂市観光協会 at 10:59| 高砂市紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。